ベジタリアンに朗報!楽に減量できるキャベッツ減量法

野菜好きに嬉しい?キャベツ減量とは

現実にたくさんのバリエーションの減量方法が世間一般には存在します。

フードスタイルを創意工夫してカロリー制限をしながら、
シェイプアップを行うメソッドが多いと思います。

そんな数あるダイエットのなかでも近頃ウケているのがキャベツ減量です。

食物繊維やビタミンCなどをドッサリ含み、
かつ100gあたり23kcalしかない低カロリーのキャベツ。

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-06-PAK85_Splatoon0715194542-thumb-1000xauto-18389

カロリー制限することの多いシェイプアップ中にぴったりのフードです。

そんなキャベツを積極的に使わせていただいてダイエットを成功させようとするのがキャベツ減量です。

いくつかそのキャベツを介してのダイエットには種類があるそうなんです。
そのひとつは生やボイルされたキャベツのみを一定期間だけ食べ続けるという減量方法です。

キャベツ減量は長期間するのに不向き?

ホモサピエンスが生きるうえでの栄養素はキャベツだけではまったく充分ではありませんから、
これは一種のキャベツ断食ともいえるのではないでしょうか。

このキャベツ減量はそんな理由から飽くまでもしばらくの間に限ったものというのが本音です。

当たり前のこととしてこのシェイプアップ方法2~30年も長きにわたりキープし続けてしまうと
栄養不良になってしまう可能性があります。

己自身にてボディに廃棄物や脂肪が停滞していたり、
暴飲暴食が連続したなと思い立った時なのであれば実効性のある方法だといえます。

短期型であればこの断食風キャベツ減量を信じ込んでボディをクレンジングするのは悪くはないと思います。

ちなみに、キャベツ減量法を実践しながら、
痩身サプリを飲むのもシナジー効果があるかもしれません。

熱心な方はこちらの記事もチェック。

キャベツ食べながら痩身サプリ

キャベツで合理的に減量をするポイント

千切りやザク切りにしたキャベツをパンやお米などの、
炭水化物に代わって、楽しむというキャベツ減量があります。

シェイプアップの威力を手に入れるには、
好みさえ合えば効果的なやり方なのかも知れません。

けれど油をたんまり活用したドレッシングなどを
キャベツにかけて堪能してしまったら無駄骨に終わりますので留意することが大切です。

このキャベツ減量では、キャベツを食事のメインに代わって使うわけです。

キャベツそのものには風味をつけないで、
他の副食類にセットしてと一緒に食べるようにすると良い
でしょう。

主食になる炭水化物の代わりにカロリーの低いキャベツを食べることになります。

ですからこれはダイエット効果があるといえます。

1日のカロリー摂取量が大幅に少なくなるからです。

ただし、おかずを少なくしすぎてキャベツダイエットがキャベツ断食に近いものにならないように注意することも大切です。

ある一定量のキャベツを実際の食事よりも前に食べることで、
咀嚼の頻度をアップさせて満腹中枢を煽り立てるということもできます。

今日この頃の食事ボリュームが少なくても、
このキャベツ減量方法を行ないさえすれば食べた時の充実感をゲットすることができるのです。

シャキシャキとしているキャベツは食物繊維に富んでいるので、
しっかりとかまないと飲み込むことができません。

必然的に咀嚼頻度も沢山になって、
キャベツ減量をより能率的に行なってしまうのです。

HIRO92_kouyoutohutari500

減量に効果抜群のキャベツクッキング戦法

キャベツ減量にはバラエティーに富んだクッキング方法があります。

キャベツを食事のメインにシフトしたり、
食前に食べることを許す方法もあります。

とにかく食事にキャベツを根こそぎ盛り込んで摂りいれるようにするというキャベツ減量方法がメジャーです。

原則的には生でキャベツを食べるのがキャベツ減量です。

ですがキャベツはボイルしても炒めてもシェイプアップに効くヘルシーフードです。

なぜかと言うとその大部分が水分と食物繊維で成り立ってるからです。

キャベツは品種を変えれば総じて年がら年中ゲットできるので冷蔵庫に常備して、
常日頃の食事メニューに積極的に使用することをお勧めします。

お馴染の食事メニューをカロリー抑え気味のヘルシー献立にすることができるのがキャベツなのです。
ダイエット中にピッタリ合う素材です。

キャベツ減量法に調味料は使い過ぎちゃダメ!

キャベツ減量では、とにかくいろいろな手法によりキャベツをたっぷり摂取します。

せっかくのキャベツ料理も、料理のアクセントとしてスパイスを高カロリーのものを用いてしまうと
その料理のカロリーもあがってしまうので価値がありません。

ノンオイルのドレッシングを用いたり、
お浸しにして食べることでカロリーをセーブするように気を付けてください。

キャベツ減量ではキャベツを味付けしないのが理想です。

ですが塩、しょうゆやソース、酢などを使い、
レモン汁、ポン酢、ノンオイルドレッシングなどでアレンジするのもいいですよね。

ただしカロリーをコントロールするためにもマヨネーズは控えたい料理のアクセントです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>